忍者ブログ

2017.11┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
Home
2017-11-22-Wed 21:37:56 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017-06-13-Tue 19:50:27 │EDIT
朝、夜の通勤電車で、
便利なウェブページを見つけました。

その名は、

遅延Now


ツイッターでの遅延情報を集めたウェブで、

リアルタイムな情報が分かりやすく操作も簡単。

たまに、嘘のツイートをしている方もいるが、
ツイート件数で嘘か本当かは判断出来ると思います。

朝の時間がない時に、
自分が乗る沿線の情報集めには、お勧めします。

そういう僕は、2017年2月に自宅周辺の会社に転職。
通勤電車に乗らなくなりましたが、

癖になっているのか、毎朝確認しています。

車を持っていない僕が利用するのは京阪電車。
最近京阪電車は人身事故が多いです…
寝屋川、萱嶋、中書島と…

自転車通勤の僕は、関係ないけど気にはなりますね…





拍手[0回]

PR
2016-05-04-Wed 21:02:07 │EDIT
殆どの方が、
通勤電車でスマホを触っている。

他は、タイトル通り寝ている・携帯やスマホ・新聞。

各個人、ルーティンがあって、
仕事を頑張れる。

それを敢えて、
今週は、それをせず、
車窓の外や、社内ポスター、人間ウオッチ等、
目の前の事に興味を持ってみる。

というのも、面白い事だと思う。

拍手[0回]

2016-04-20-Wed 01:29:19 │EDIT
2016年の4月に入ってから、
僕が通勤で利用するJR環状線が、
土日を除いた殆どの平日朝は遅延している。

乗客が多く遅延が発生、のアナウンスが多数。

他、体調不良や迷惑行為等‥

僕の朝は、通常職場の最寄り駅に始業開始の約45分前に到着する。

なので、電車が遅延しても遅刻することは、殆ど無い。

けれど、迷惑なのは確かです。


別に、JRをかばう訳ではありませんが、
おそらく、利用するお客のマナーの悪さが起因している事が多い様な気がします。

駆け込み乗車で出発に僅かであれ時間が掛かる等の積み重ね。


最近、閉まるドアに駆け込んで挟まる方も多く見た。
情けない、格好悪い。

そして、迷惑


あなたの、個人的な”駆け込み乗車”に、
定刻乗車する僕達大勢が乗車している電車を止めないで下さい。

あなたが少しでも”ゆとり”を持って、家を出れば済む事。

あなた以外は、皆ゆとりを持って家を出ている。

あなたの”ずぼら”に、僕達が早起きした”ゆとり”の時間を
奪われるのは、気分が悪い。


JRの”せい”ではなく、迷惑を掛ける人間の”せい”です。

迷惑を掛ける人間は、直ぐ責任転嫁をするから困ったもんだ。

拍手[0回]

2015-08-27-Thu 00:11:47 │EDIT
僕個人的な考えは、
ベビーカーを電車内で畳まず乗る、
という事は迷惑と考えていません。

例え通勤の時であっても。

性善説の考えなので、
乗らざるを得ない理由があると思うので…

ただ、”ベビーカーで何が悪いのっ!”
な、スタンスの方であれば、

そんな気持ちなら、
子供が可愛そうだから、
直ぐ降りて下さい…
と思う。

公共の通勤電車。
お互いが、”スミマセン”という気持ちで
乗車するのが普通・マナーです。

要は、親次第と思います。

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 40代サラリーマン
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

拍手[0回]

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
yahoo!ニュース
天気予報
カウンター
コメント
[03/14 LAビジネスウォッチャーズ]
最新TB
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
show-biz
性別:
男性
自己紹介:
電車通勤ではや十数年。昔は寝る場所だった”電車”ですが、ここ数年では勉強や情報が沢山詰まっている”電車”に気付きました。どれだけ充実した車内を過ごせるか?という事を考えてみましょう~。
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 通勤電車を書斎に変えて Some Rights Reserved.
http://tepper.blog.shinobi.jp/
忍者ブログ[PR]